高校野球ドットコム

鈴木 義信

鈴木 義信(関東一)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
投手
投打:
右/左
データ最終更新日:2021年6月5日

レポートより抜粋>
 初の関東大会優勝へ王手をかけた関東一は今大会エース・市川はもちろん、都大会で活躍した成井 颯、そして日本航空戦で好投した矢野 聖也小島 慧斗といった新たな投手の活躍が光っている。そして今回の常総学院戦でも鈴木の好投が光り、夏の大会では好投手集団として激しいベンチ入り争いとなりそうな予感を感じさせた。

 都大会準決勝・東海大菅生戦でも好投していた鈴木。再び選抜出場相手に登板となったが、「常総学院さんは打撃のチームなので、コントロール良く打たせて取る。やってきたことをしよう」と思ってマウンドへ上がっていた。1年かけてフォーム改造したというサイドスローからストレートは130キロ前後。さらにストレートと球速差の少ないカットボールにツーシームなどをコーナーにしっかりと決めることが出来る分、ストライクゾーンを広く使える。

 このストレート系を軸にしながら、110キロ台のスライダーに100キロ前後のカーブを織り交ぜる。特にカーブを使うことで、常総学院打線のタイミングを外しているシーンが数多くあり、鈴木の投球を支える大事なボールになっていた。このボールについては「相手打線に的を絞らせない」ことを目的にしており、本人のなかでも狙って投げたボール。効果は十分にあった。

 そして投球術としては、基本的に鈴木本人も大事にしているストライク先行で、打たせて取る投球。非常にテンポがあって守りもリズムが良い。エース・市川をはじめ速球派が多い関東一で勝ち残るために、鈴木が考えたスタイルで、1学年先輩で同じサイドスローだった星瑠斗を参考に確立した。

 またバント処理も軽快な動きで捌いており、基本がしっかりできた投手だった。その辺りはさすが関東一と言ったところだが米澤監督は「花咲徳栄さんでも常総学院さんでも、ここは丁寧に投げられるコントロールの良さがある鈴木に任せようと思いました」と制球力の良さを期待しての起用。鈴木はそれに応える内容だったといっていい。今後の好投も非常に楽しみだ。

情報提供:2021.05.22
  • 2021 年 5 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事